FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引地川遡上

翡翠

八重咲き彼岸花

80歳は過ぎているのだろうか…老婆の横に50代がらみの息子と思わしい人が互いに難しい顔をしてベンチに座っている。「何度もここへ来ているのですか?」老婆が私に尋ねる。??質問の趣旨を測りかねていた。この秋5度ばかり来たのかなぁ…自問自答。どうやら常泉寺の様変わり…こんなところ…と不満顔であったらしい。彼岸花は既にたくさん見てきて撮影をした。多少食傷気味… もう十分だ。もういいかなあ。と思ったものの 今日も暫時の独身生活 穀潰しは如何にせん…暇潰しは何としよう?日々の課題は残る で、結局いつもの引地川ライン 彼岸花もそろそろ終わり時だ。常泉寺はそれでも紅白そろい踏み八重咲きの彼岸花など初めて見ることができた。私にとっては十分楽しめるスポットだが…花寺に興味や関心がなければ曹洞宗禅寺の常泉寺 ただのお寺さん。お寺さんを出ると引地川沿いを歩く。都合(食料物資の補給)によって今日は電車と徒歩。いつもの群生地は既に 曼珠沙華彼岸花は幽霊花となりつつあった。穀潰しの面倒は一応駅前の食堂で済ませる。携帯電話で尾のついた家内(オッカナイ)から「マグロばかりではいけませんよ」と口やかましい先手であった。ならばカツカレー。泉の森公園の彼岸花もデジカメを撮す気もしない。目の前をすれ違った人は…Nさんによく似た人だ。後でNさんの日記を見たらやはりNさんであったらしい。
大和薪能…特設スタジオで翡翠もなりを潜めているか… しかし今日も翡翠と幾たびかニアミス。売店近くのトイレへ来たとき(引地川の源流)小川の石の上に… 翡翠発見。5mほどの至近距離。ズボンの汚れも厭わず地べたに座り込んだ。そして今回も翡翠を100枚撮り ボケ7割…今の実力ではこんなものか…(溜息) 一眼レフを手にしたあかつきには…見果てぬ遠き夢を思い描く。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
旬の花時計
リンク
プロフィール

デジカメSanta

  • Author:デジカメSanta
  • Santa…散歩のよき相棒だった愛犬の名前である。生きるものは久しからず散歩の相棒も永遠の旅立ちとなった。我が愛犬を偲びハンドル名(HN)をSantaとする。
    現役引退後自宅に閉じこもっていては健康に良くない…と野山の自然と花や植物を求めデジカメ撮影しながらの散歩をするようになる。Santa蝶と言われるようになった所以である。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。