FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩夏の花探訪

百日紅と秋空

白彼岸花

晴耕雨読と晴歩雨読(勝手な造語)とはだいぶ意味が違う。晴歩雨読は晴なら歩く雨なら読書と言う軽い意味ですね。晴耕雨読の晴れはせっせと田畑を耕し生活物資を生産し蓄えると言う深い意味合いがあるように思われます。元気印を維持するため健康のためにせっせと歩くことにつとめておりますがこのところ曇天雨模様の日々に散歩散策も滞りがちでふさいでおりました。青空が見えます。さて!歩きましょう。夏枯れで花の乏しい端境期。空振りのない大船フラワーセンターへ向かいました。柏尾川にアオサギやコサギが数羽降りましたが 川の流れは澄み切って川底までよく見える…こんな時は魚獲りが難しいのでしょうか 鷺たちも対岸の岸辺で夏休みをしているようでした。
 花壇に植えられたひまわりはもう晩夏の様相です。座間のひまわりに比較しているのかもしれません。ナツズイセンが咲いていました。これらに混じっておやっ!?早くも白彼岸花が咲き始めています。青空に鱗雲は秋の気配さえ感じられます。「晩夏」は時期尚早かなと遠慮しつつ書いていますが
確実に秋の気配は忍び寄っている気配はします。蝉時雨は相変わらず頭上から降り注いでおります。温室は四季を問わずいつも同じような花々が咲いているように思われますが 普段余りデジカメを向けない蘭の花・ブーゲンビレアやカリアンドラなども丹念に写したりしています。女郎花や男郎花などが秋を感じさせます。鹿の子百合が咲いています。百日紅に秋空の鱗雲…8月も残すところ僅かとなりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
旬の花時計
リンク
プロフィール

デジカメSanta

  • Author:デジカメSanta
  • Santa…散歩のよき相棒だった愛犬の名前である。生きるものは久しからず散歩の相棒も永遠の旅立ちとなった。我が愛犬を偲びハンドル名(HN)をSantaとする。
    現役引退後自宅に閉じこもっていては健康に良くない…と野山の自然と花や植物を求めデジカメ撮影しながらの散歩をするようになる。Santa蝶と言われるようになった所以である。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。